西村賢太著『苦役列車』

集中して読む時間がなかなか取れませんが、今私が少しずつ読み進めている本です。芥川賞受賞でご存知の方が多いことでしょう。普段あまり使う事のない語彙が多用されているのでとっつきにくい本かと思いきや、スルスルと流れゆく文章に不思議な魅力を感じる一冊です。その日暮らしの港湾労働で生計を立てる19歳の主人公、貫太の運命やいかに…。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック