9/9は何の日?

今日は、涼しい一日でしたね~。いよいよ秋めいてきました。
さてさて、突然ですが、9月9日は何の日でしょう?
「救急(きゅーきゅー)の日!」と、答えたあなた。 それもそうですが、陰暦五節句のひとつ、「重陽の節句」でもあります。「重陽の節句」は、陽数(奇数)である最大の九が重なることからめでたい日とされ、菊花酒をのみ、長寿と無病息災を願った中国の風習が伝わったものだそう。(太陽暦だと約1ヵ月後)ちなみに、五節句は…
人日(じんじつ)……1月7日(七草粥)
上巳(じょうし)……3月3日(桃の節句)
端午(たんご)………5月5日
七夕(しちせき)……7月7日
重陽(ちょうよう)…9月9日(菊の節句)
画像
「菊」は、長生きの効能があると信じられていたため、奈良~平安時代には宮中では、菊の花びらを浮かべてお酒を酌み交わしたり、「菊の被綿(きせわた)」と言って、重陽の前日に菊の花に綿をかぶせ、菊の香りと露を含んだこの綿で身体を拭う長寿のおまじないなどもしたそうです。う~む、なんて風雅な行事でしょう♪古の人は、一体どんな盃に、何色の菊の花びらを浮かべたのでしょうね。でも、現代では「桃の節句」などとは異なり、一般的には定着していない節句なのが残念です。

写真は、上菓子・練切「着せ綿」(by玉澤総本店)
こんな風に、ふわりと白い綿をのせていたのかしら…と、想像を掻きたて、季節感を見事に具現する和菓子の世界は拍手ものです。
画像

画像







せっかくなので、久しぶりにお抹茶をたてました。
抹茶茶碗は、以前、鎌倉の骨董屋「八万堂」で購入した三島茶碗。薄手で小ぶりなので、小さい私の手にとても馴染みます。














抹茶は、宇治の老舗茶舗上林春松本店の「琵琶の白(薄茶用抹茶)」。
あ~、和菓子と抹茶って合うなぁと、ひと時の幸せを味わいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年09月20日 06:34
和菓子って日本の文化であり芸術だと思う。先日テレビでケ-キにハバネロが入っていたり、洋菓子ってなんでもあり!? そんんな辛くてスイ-ッなのかよ??と突っ込みたくなった。
菊は昔から食べられていたのですね。多分「菊の節句」が定着しなかったのは、菊が皇室の御紋章だからかもしれませんね。
 三島茶碗は高貴な色で豪華そうですね!! 超大きい僕の手にしたら、湯呑み茶碗に見られると思う(笑) 
rinko
2010年09月20日 10:26
〉かずさんへ

そうですよね、四季の花鳥風月を見立てる感性、しかもそのものを食べれて美味しいのですから…。和菓子と同様、“見立て”の心が宿している茶道にも日本料理にも季節感があって、繊細な文化だなってこの年齢になってよさがわかるようになってきた気がします。
ケーキにハバネロですか?商品開発への努力は買いますが、スイーツじゃなぁい(笑)

〉多分「菊の節句」が定着しなかったのは、菊が皇室の御紋章だからかもしれませんね。

なるほど~!「ガッテン!」(古いか…)
確か、きゅうりの輪切りの切り口が徳川家の家紋に似ていることから、江戸時代の武士はきゅうりを食べなかったと何かで読んだことがありますが、その習慣の感覚と一緒なのかな…。

三島茶碗は、「手始めにいいですよ」とお店の方に言葉を添えられたもので、ビギナー向きの地味なものなんです!これが、唯一所持している抹茶茶碗。ぽってりした茶碗も見ていて安心感を得られますが、私の短い指の手ではどうも心許ない感じになるので、初茶碗はこの薄手のものにしました。ほんと、男性の大きい手にのったら、湯呑みでいけるかも(笑)

この記事へのトラックバック